踊る書道家 てんいんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の書道教室の“ウリ”

<<   作成日時 : 2013/02/13 19:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、大学のゼミの友人と、遅めの新年会をした。



書道教室の物件を探してくれて、いまの物件を紹介してくれた友人だ。




まだ新しい生徒さんがこないという話をしたら、



この書道教室ってどんなことしてるの???



と聞いてきたので、つらつら話してみた。



まず、私が住むマンション内の貸し教室でで80歳のおじーさん先生が書道教室をひらいていたが、12月末で閉めたので、私が後を引き継ぐと申し出たら、


月謝1500円で、紙代込み、書道会費諸費用全部込みでやっていて、実際はおじーさん先生の自己負担大でやっていた。


というので、もうしわけないがそれではできないよ・・・。

それでも、生徒さんは10人たらず。


どんなに月謝を安くしても、習字をならいたいという学生はすくないのが現実。


だから、月謝の値段をたとえ下げたとしても、すぐには習いにこないだろう・・・


でも、うちはね。



●サロン式の教室だからね、毎回お茶菓子がでるし、お茶しながらお稽古するの。


●道の世界だから、礼儀作法はばーっちり指導しているよ。まずは玄関はいって靴を揃えるところから、大先生に挨拶〜




そしたら、それを、ウリにしていけばいい!!



と、友人がはげましてくれた♪



というわけで、これをウリにしてみます。

月別リンク

私の書道教室の“ウリ” 踊る書道家 てんいんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる